彼岸花



今年は彼岸花を取材できました。


素描をする時は、基本的には花は折らずに、その場で描くようにするのですが、

彼岸花は葉がなく真っ直ぐに生えていて形状的に持ち帰りやすいことと、

密集して生えていると細部が分かりづらいので

数本折って、アトリエに持って帰りました。



根に毒があるため、地獄花や火事花など

不吉な別名が多いこの花、

触るとちょっとぞっとする不気味さはやはり他の花に無い感じがする。


1本折って取る時も、長いおしべとめしべが近くの花と絡まっていて

引っ張らないとなかなか取れない。



素描では線を重視しているので、着色は最低限にしています。


今年は白い彼岸花も多く咲いていて、

赤と白のコントラストが綺麗でした。