桜の素描




今年は例年の春に比べ、気候が安定していたため

桜が咲いている期間が長かった気がする。


今年もソメイヨシノ(おそらく)の枝を描いた。


春は風が強く枝が揺れて描きづらい。

風が止むのを待っては少しずつ描き進めた。




三日かかったので、上の枝は蕾なのに

下の枝は散っているという少し妙な感じに。


この素描に、画家の諏訪敦さんが

Twitterでコメントを寄せてくださったのが嬉しかった。



時間をかければ良い作品になるわけではないけれど、

やはり「理解する」には時間がかかる。


素描は地味で地道な作業だけど、

効率とかでは説明できないものが美術にはあって、

そこに面白さがあるように思う。