2022 夏の思い出

先日の台風が過ぎてから一気に涼しくなり、すっかり秋の気配ですね。

夏の思い出を書き留めておきたいと思います。


着物を習い始めてから、夏はなんと言っても浴衣を着たい!と言うことで

今年もたくさん浴衣を着られて満足な夏でした。



今年は3年ぶりに岐阜の郡上の徹夜踊りが開催されたので、

行ってきました。


岐阜の北の方なので、お盆の時期でも夜は涼しい。

日が暮れてだんだんと薄暗くなっていく時の風景が綺麗でした。



郡上踊りは下駄を打ち鳴らすような激しい踊りなので、

ちょっと真似して踊るだけでかなり疲弊して、すぐに列からはずれて外から眺めていました。

というか難しくて踊れない。笑

地元の方と思われる方々の踊りはやはりキレが違いました。

かっこよかった。


調べたら郡上踊りは日本三大盆踊りのひとつと言うことで、

始めて本場の夏祭りを経験したかもしれない。



生演奏の祭囃子も迫力がありました。

コロナの流行以降久々に、大勢の人々の熱気を感じてなんだか嬉しかった。



それから、9月初めに浴衣で日本橋散策もしました。

都市でも急に自然があったり、神社やお寺があったりするので不思議です。



浴衣でお出かけってやっぱりいいなぁ。

来年はどんな色のどんな柄にしようかと考えているこの頃です。