岡﨑乾二郎「視覚のカイソウ」

先月終了した展示ですが、

岡﨑乾二郎さんの「視覚のカイソウ」展を、

新家と豊田市美術館に見に行きました。








「見ることには、つねに回想することが含まれている」

という文章が印象的でした。


無意味なように思われる色の重なりや形、空間が、

「何かのように感じる」のはやはり観る人の

過去や経験に基づくものかもしれない。